カード調整パッチまとめ(1.7~1.16)

パッチまとめ

はじめに

  • ここではルーンテラのパッチ1.7からパッチ1.16までをまとめています。
  • 載せている内容は「カードの追加」「カードの調整に関するもの」「対戦に影響が出る不具合の修正」の3種類に限定しています。そのため、イベントやグラフィックに関する情報は除外しています。
  • ここでは「バフを赤色」「ナーフを青色」「その他の変更を緑色」で表示しています。
  • アンダーラインの付いたカード名をタッチすると、カードの画像(最新パッチ)が表示されます。
    リンク先は各カードの解説ページです。
    そのままタッチするとリンク先に飛んでしまいますが、タッチしたまま指をカード名からずらすことで、リンク先に飛ばされずにカードの画像を表示できます。
    例:ガレン帝国の破壊工作員垣間見えた彼岸

パッチ1.16 「星々の創造」追加

公開日:2020/12/16 03:00
公式ページ:https://playruneterra.com/ja-jp/news/game-updates/patch-1-16-notes/

簡易まとめ

新エキスパンション – 「星々の創造」の新カード40枚追加
新キーワード「オーグメントオーグメント」「再鍛

不具合の修正

パッチ1.15(シーズントーナメント直前)

公開日:2020/11/24 03:00
公式ページ:https://playruneterra.com/ja-jp/news/game-updates/patch-1-15-notes/

簡易まとめ
  • カード調整なし
不具合の修正

パッチ1.14(大規模調整パッチ)

公開日:2021/1/13 03:00
公式ページ:https://playruneterra.com/ja-jp/news/patch-1-14-notes/

簡易まとめ
カード 修正内容
ルシアン
(レベル2)
変更点 レベルアップしたラウンドでも効果が発動するように。
シヴァーナ ステータス 3/4  4/4
ブラッドミア レベルアップ条件 6体以上の味方がダメージを受けて生き残った時。 5体以上の味方がダメージを受けて生き残った時。

効果 アタック: ブラッドミアを除くアタック中の味方にそれぞれ1ダメージを与え、その味方1体につき敵のネクサスに1ダメージを与える。 アタック: 右にいるアタック中の味方にそれぞれ1ダメージを与え、その味方1体につき敵のネクサスに1ダメージを与える。

トランドル ステータス 4/6  4/5
氷冷の柱 ステータス 0/8  0/6
エズリアル レベルアップ条件 あなたが敵を10回以上対象に選んだ時。  あなたが敵を6回以上対象に選んだ時。

効果(レベル2) あなたがスペルを詠唱する時、敵のネクサスに2ダメージを与える。  あなたがスペルを詠唱する時、敵のネクサスに1ダメージを与える。そのスペルで敵を対象にした場合は代わりに2ダメージを与える。

ジンクス

(レベル2)

変更点 レベルアップしたラウンドでも効果が発動するように。
タリック ステータス 2/4  3/4
ティアナ・クラウンガード ステータス 7/7  8/8
運命を紡ぎし石群 ステータス 0/4  0/3
綿毛の世話人 コスト 4  3

ステータス 3/3  3/2

瞬脚のミーナ キーワード クイックアタッククイックアタック追加

ステータス 6/5  7/6

魔改職人 コスト 5  4

ステータス 2/3  1/3

復讐の黒槍

カリスタの

「復讐の黒槍」

効果 このラウンド中に味方が力尽きていた場合、ユニット1体に3ダメージを与える。 このラウンド中に味方が力尽きていた場合、ユニット1体に4ダメージを与える。
荒波のレックス ステータス 7/4  6/4

効果 追撃: ランダムな敵に一斉砲撃を7回詠唱する。  追撃: ランダムな敵に一斉砲撃6回詠唱する。

エクリプスドラゴン ステータス 7/5  7/7
公式コメント
前回お伝えした通り、エキスパンション中盤となる今パッチでは比較的大規模なバランス調整を行います(このアップデートのペース配分は以後のエキスパンションでも継続する予定です)。12月のシーズントーナメントの前に適用される変更はこれが最後となります。今回は正式リリース当初からいるチャンピオンの一部を改善し、活躍の場が少ない「霊峰の呼び声」のチャンピオンを若干(直接的および間接的に)強化するほか、様々な地域の高コストフォロワーにも調整を入れます。
詳細一覧

カード 修正内容
ルシアン
(レベル2)
変更点 レベルアップしたラウンドでも効果が発動するように。
公式コメント
この変更は、似たような効果を持つセジュアニソラカの仕様との一貫性を確保するためのものです(後述のジンクスも同様の意図です)。現状のゲームバランスに多少なりとも影響があるため変更すべきかどうか迷ったのですが、チャンピオン同士の仕様の一貫性を確保する方が重要であると考え、実施するに至りました。なお、ルシアンジンクスにとっては若干の強化となりますが、これについてはテストプレイを実施したうえで、「代わりに他の部分を弱体化するほどの影響力はないだろう」と判断しています。とはいえ、ルシアンジンクスの2名については注意深く観察を続け、必要であれば追加の調整を行うつもりです。
カード 修正内容
シヴァーナ ステータス(レベル1) 3/4 4/4

ステータス(レベル2) 4/5 5/5

公式コメント
シヴァーナは攻め主体のチャンピオンとしてデザインされたのですが、ステータスが今ひとつなため有利なアタックができないケースが多くありました。
カード 修正内容
ブラッドミア レベルアップ条件 6体以上の味方がダメージを受けて生き残った時。  5体以上の味方がダメージを受けて生き残った時。

効果(レベル1) アタック: ブラッドミアを除くアタック中の味方にそれぞれ1ダメージを与え、その味方1体につき敵のネクサスに1ダメージを与える。 アタック: 右にいるアタック中の味方にそれぞれ1ダメージを与え、その味方1体につき敵のネクサスに1ダメージを与える。

効果(レベル2) アタック: ブラッドミアを除くアタック中の味方にそれぞれ1ダメージを与え、その味方1体につき敵のネクサスから体力を1吸収する。 アタック: 右にいるアタック中の味方にそれぞれ1ダメージを与え、その味方1体につき敵のネクサスから体力を1吸収する。

公式コメント
ブラッドミア」のレベルアップ条件を達成しやすくすると同時に、アタック時の効果をどの味方に与えるかプレイヤーの裁量で決められるようにすることで、若干の強化を施します。
カード 修正内容
トランドル ステータス 4/6  4/5
氷冷の柱 ステータス 0/8  0/6
公式コメント

トランドル」は基本ステータスが高すぎるため、フィニッシャーであると同時に盤石のブロッカーとしても機能していました。「霊峰の呼び声」のリリースと同時に新たなランプデッキの形を開拓した点は評価しているので、ランプ戦略における効力は維持しつつ、ブロッカーとしての強さを抑えて相手が対策を打ちやすくする方向で調整しました。

同時に「氷冷の柱」の体力も低下させます。「氷冷の柱」は実質タダで詠唱できるわりには影響力が大きすぎました。「トランドル」をレベルアップさせ、敵に無防備無防備を付与し、相手の出方を伺う“コスト0のアクション”を可能にするので、使用者は絶大なアドバンテージを得られます。トランドルと同様、体力を低下させて生存力を引き下げることで、相手がラウンド開始時の効果に対応しやすくなるよう調整しました。

カード 修正内容
エズリアル レベルアップ条件 あなたが敵を10回以上対象に選んだ時。  あなたが敵を6回以上対象に選んだ時。

効果(レベル2) あなたがスペルを詠唱する時、敵のネクサスに2ダメージを与える。  あなたがスペルを詠唱する時、敵のネクサスに1ダメージを与える。そのスペルで敵を対象にした場合は代わりに2ダメージを与える。

公式コメント
今回の変更は、エズリアルに新鮮かつ(願わくば)より健全な方向性を与えるためのものです。具体的には、レベルアップ条件を緩和する一方で、レベル2の効果に条件を追加しています。エズリアルの爆発力を抑えることで、相手側が対応できる余地も増えるでしょう。ダメージ量は減ったものの効果そのものは残してあるので既存のエズリアルデッキも引き続き使えるはずです。一方で、今回の変更で積極的に敵ユニットを対象に選ぶ理由が増えるため、コンボによるフィニッシュを狙ったコントロール寄りのゲーム展開も選択肢に入ってくるでしょう。

カード 修正内容
ジンクス

(レベル2)

変更点 レベルアップしたラウンドでも効果が発動するように。
公式コメント
この変更の背景についてはルシアンの項目でご説明した通りですが、ジンクスの効果について補足しておくと、ジンクスをプレイして手札が0枚になった場合、レベルアップはしますが「スーパーメガデスロケット!」は生成されません。「スーパーメガデスロケット!」を生成したい場合は、何らかの方法で一度手札を1枚以上にしてから、再び0枚にする必要があります。
カード 修正内容
タリック ステータス(レベル1) 2/4 3/4

ステータス(レベル2) 3/5 4/5

公式コメント
戦闘能力を引き上げることでアタックに参加しやすくすると同時に、ブロックに回っているラウンドでも前より存在感を示せるようになりました。

カード 修正内容
ティアナ・クラウンガード ステータス 7/7  8/8
公式コメント
他の地域の大型フィニッシャーに対する切り札となるよう、ティアナのステータスを強化します。この変更によって、ティアナ召喚後の「奮起」によるアタックがさらに安定し、デマーシアデッキの決定力が増すでしょう。

カード 修正内容
運命を紡ぎし石群 ステータス 0/4  0/3
公式コメント
「霊峰の呼び声」によってランプデッキには多数の有用なカードが追加されたので、この戦略に対するカウンタープレイの可能性を拡げるべく、以前「運命を紡ぎし石群」に実施した強化を元に戻します。これにより、強力な高コストカードの展開を遅らせる隙が生まれるはずです。

カード 修正内容
綿毛の世話人 コスト 4  3

ステータス 3/3  3/2

公式コメント
サポート主体のアイオニアデッキには、効果的な選択肢がもう少しあってもよさそうです。迅速に展開したいサポートデッキにとって、「綿毛の世話人」はややコストが重すぎるきらいがありました。

カード 修正内容
瞬脚のミーナ キーワード クイックアタッククイックアタック追加

ステータス 6/5  7/6

公式コメント
「ミーナ」の効果はそのコストからすると物足りないものでした。「クイックアタッククイックアタック」とステータスの増強によって、ボードに展開した後もフィニッシャーとして活躍できるはずです。

カード 修正内容
魔改職人 コスト 5  4

ステータス 2/3  1/3

公式コメント
魔改職人」はコストの高さとそれに見合わない打たれ弱さから、どのデッキにも居場所がないような状況でした。コスト帯を下げることでこれまでよりも使いやすく、魅力的な選択肢となるよう変更します。

カード 修正内容
復讐の黒槍

カリスタ

の「復讐の黒槍」

効果 このラウンド中に味方が力尽きていた場合、ユニット1体に3ダメージを与える。 このラウンド中に味方が力尽きていた場合、ユニット1体に4ダメージを与える。
公式コメント
直近の2つのエキスパンションで防御系のバーストバーストスペルが増えたことを踏まえ、シナジーをベースにしたシャドウアイルデッキのユニット除去能力を強化することにしました。

カード 修正内容
荒波のレックス ステータス 7/4  6/4

効果 追撃: ランダムな敵に一斉砲撃を7回詠唱する。  追撃: ランダムな敵に一斉砲撃6回詠唱する。

公式コメント
荒波のレックス」は「一斉砲撃」の圧倒的な火力によって場を一掃し、その後自身の高い攻撃力で勝負を決める、というパターンを非常に安定して可能にしていました。さらに言えば、スペル/スキルが9個までしかスタックされないという仕様(こちらについては長期的な課題として対策を検討中です)も相まって、同時にカウンタープレイを防ぐこともできていました。今回の変更はレックスの核となるプレイパターンを維持しつつ、これらの問題に対処するためのものです。

カード 修正内容
エクリプスドラゴン ステータス 7/5  7/7
公式コメント
エクリプスドラゴン」のステータスはやや迫力に欠け、場に出ただけでは試合への影響をすぐに感じられませんでした。そこで、大型のドラゴンを主体にしたデッキやデイブレイク主体のデッキで広く活躍できるようステータスを強化しました。

パッチ1.13 「K/DA ALL OUT」追加

公開日:2020/10/28 02:00
公式ページ:https://playruneterra.com/ja-jp/news/patch-1-13-notes/

簡易まとめ

イベント – 「K/DA ALL OUT」の新カード5枚追加

カード 修正内容
リー・シン コスト 4  5

ステータス 3/4  3/5

レイニングバレット コスト 2  3
公式コメント
前回のパッチで予告した通りこのパッチ1.13では「リー・シン」の変更を実装し、残りはビルジウォーターデッキ全般の強さを支えていた「レイニングバレット」の弱体化にとどめます。なお2週間後に実装されるパッチ1.14では、エキスパンション中盤ということで比較的大きなバランス調整が入る予定で、正式リリース当初からいるチャンピオンの一部を調整するのと同時に、12月に開催される第1回のシーズントーナメントに向けてメタの健全性を維持するため、いくつかのカードに弱体化を行います。
詳細一覧
カード 修正内容
リー・シン コスト 4  5

ステータス(レベル1) 3/4 3/5

ステータス(レベル2) 4/5  4/6

公式コメント
パッチ1.10では「リー・シン」の使い勝手を改善し、アイオニア&ターゴンのバフデッキをメタに浮上させましたが、「オーバーパワーオーバーパワー」を付与することで凶悪なコンボが成立するため、効率が良すぎるかたちになってしまいました。今回の変更は「リー・シン」の使用感は維持しつつも、コストを妥当な値に引き上げることで序盤の戦闘における支配力を抑えることが目的です。

カード 修正内容
レイニングバレット

ミス・フォーチュンの

「レイニングバレット」

コスト 2  3
公式コメント

レイニングバレット」は相手のユニット展開を何度も潰すことができる強力なツールであり、最近のビルジウォーターデッキでは活躍があまりに目立っていました。「火薬樽」や「追撃」のほか、チャンピオンのレベルアップ条件やスキルとのシナジーまであり、しかも「潮乗りのザップ」や「ミス・フォーチュン(チャンピオンスペルとして)」でも手札に入ることから、リーチの容易さ、マナ効率、効果の強力さのすべてが平均を大きく超えていたのです。

今回マナ効率を下げることによって「レイニングバレット」の有用性は他のダメージスペルと同程度になり、ビルジウォーターの全体的な強さも抑えられるはずです。と言っても、有用な選択肢を豊富に持っていることがビルジウォーターの強みなので、「レイニングバレット」を他のカードと入れ替えたとしても(あるいはそのまま使い続けても)、現在のデッキの強みが大きく損なわれることはないでしょう。ビルジウォーターについては引き続き全体的なパフォーマンスを注視し、必要があればさらに調整を入れていきます。

パッチ1.12 「力のモニュメント」追加

公開日:2020/10/14 02:00
公式ページ:https://playruneterra.com/ja-jp/news/patch-1-12-notes-monuments-of-power/

簡易まとめ

新エキスパンション – 「力のモニュメント」の新カード40枚追加
新カードタイプ「ランドマークランドマーク

カード 修正内容
ジェネヴィーヴ

・エルムハート

ステータス 5/5  5/4
バスティオン コスト 3  4
静寂 コスト 3  2

効果 このラウンド中、ユニット1体を沈黙させる。手札にフリーティングフリーティングを持ち、コストが1増加した静寂を1枚生成する。 このラウンド中、ユニット1体を沈黙させる。(「手札にフリーティングフリーティングを持ち、コストが1増加した静寂を1枚生成する。」を削除)

生ける伝説 効果 あなたの手札をフリーティングフリーティングを持つランダムな「天空」カードで満たす。あなたのマナを全回復する。

あなたの手札をフリーティングフリーティングを持つランダムな「天空」カードで満たす。あなたのマナジェムを全回復する。(注意:スペルマナは回復しなくなります。)

公式コメント

ほどなく開催される「シーズントーナメント」への影響を考慮し、ライブデザインへのアプローチ方法を少し進化させることになるでしょう。全体としては、弱体化よりも強化を強調することでメタゲームの多様性を推進します。この方針を維持しつつ、特にシーズン終盤が近づいたときには、メタゲームの安定性を維持するために、今よりも若干慎重にバランス調整をしていきたいと考えています。

アップデートサイクルに関しては、大きなバランス調整は今後もエキスパンションとエキスパンションの中間地点でリリースし、数値変更がメインの小規模な調整はエキスパンションのリリース時に行う予定です。とはいえ、今後も毎月行う定期的なアップデート以外にもバランス調整を行うことはありえます。たとえば、パッチ1.13では「リー・シン」に調整を行うつもりです。今から一ヵ月後となるパッチ1.14の調整内容はまだ確定していませんが、「力のモニュメント」のシーズン終盤に向けて良いバランスとなるように、チャンピオンを中心とした調整を行う予定です。

詳細一覧

カード 修正内容
ジェネヴィーヴ・エルムハート ステータス 5/5  5/4
公式コメント
「ジュネヴィーヴ」はステータスの高さから非常に安定して複数のユニットをキルすることが可能で、効果的な反撃手段もほとんどありませんでした。この調整で、特にスカウトデッキ以外での効率性が少し低下するでしょう。

カード 修正内容
バスティオン コスト 3  4
公式コメント
前回のパッチで調整した「バスティオン」の効果内容については全体的に満足していますが、現状はマナ効率が高過ぎます。コストが増えることで迂闊にはプレイできなくなり、相手が「バスティオン」を入れていたとしても、これまでよりフェアに感じられるでしょう。

カード 修正内容
静寂 コスト 3  2

効果 このラウンド中、ユニット1体を沈黙させる。手札にフリーティングフリーティングを持ち、コストが1増加した静寂を1枚生成する。 このラウンド中、ユニット1体を沈黙させる。(「手札にフリーティングフリーティングを持ち、コストが1増加した静寂を1枚生成する。」を削除)

公式コメント

前回のパッチノートでも触れた通り、私たちは「静寂」に関する皆さんからのフィードバックに耳を傾けながら、時間をかけて調整内容を評価・検討してきました。最終的には、今後も“チャンピオンを沈黙させることができる”というターゴンにしかない強みを維持し、「静寂」をターゴンデッキの強力なツールとして残したいという結論に辿り着きました。一方で、“繰り返し可能である”点は「静寂」に対する有効な反撃手段を潰しつつ、「静寂」自身は幅広い防御手段として大きな柔軟性を提供していますが、これはターゴンの地域の強みとして想定されたものではありませんでした。

以上を踏まえて「静寂」の繰り返し可能な効果をまるごと削除し、代わりにコストを下げることで、本来意図されていた機能をより際立たせることにします。

カード 修正内容
生ける伝説 効果 あなたの手札をフリーティングフリーティングを持つランダムな「天空」カードで満たす。あなたのマナを全回復する。

あなたの手札をフリーティングフリーティングを持つランダムな「天空」カードで満たす。あなたのマナジェムを全回復する。(注意:スペルマナは回復しなくなります。)

公式コメント
マナジェムだけでなく、スペルマナまで全回復できる(たとえ元のスペルマナが0だったとしても)効果によって、「生ける伝説」は非常に強力なカードとなっていました。「保持」の条件がないことも相まって、他の高コストの「天空」カードよりも優れた選択肢となることがほとんどでした。この変更で、オレリオン・ソルと組み合わせた際のポテンシャルは維持しながら、全体的な強さと柔軟性を低下させます。

パッチ1.11

公開日:2020/9/30 02:00
公式ページ:https://playruneterra.com/ja-jp/news/patch-1-11-notes/

簡易まとめ
カード 修正内容
オレリオン・ソル レベルアップ条件 ラウンド終了時: すべての味方の攻撃力の合計が20以上である時。 ラウンド終了時: すべての味方の攻撃力の合計が25以上である時。
光輝の守護者 ステータス 5/5  4/5
鼓舞する老師 ステータス 1/2  2/1
ピックス! ステータス 0/1  0/2
ジャック・ザ・ウィナー ステータス 5/6  5/5
ドレッドウェイの上級船員 ステータス 3/2  3/1
バスティオン 効果 このラウンド中、味方1体にスペルシールドスペルシールドを付与する。 味方1体に+1/+1スペルシールドスペルシールドを付与する。(「このラウンド中」を削除)
星々の瞬き 効果 「スペルマナを全回復する。」を 削除
尊老ルムール 効果 プレイ: 味方1体に+0/+4を付与する。 プレイ: 味方2体に+0/+4を付与する。
静寂 効果 このラウンド中、ユニット1体を沈黙させる。手札にフリーティングフリーティングを持つ静寂を1枚生成する。 このラウンド中、ユニット1体を沈黙させる。手札にフリーティングフリーティングを持ち、コストが1増加した静寂を1枚生成する。
マウンテンゴート ステータス 3/1  3/2
詳細一覧

カード 修正内容
オレリオン・ソル レベルアップ条件 ラウンド終了時: すべての味方の攻撃力の合計が20以上である時。 ラウンド終了時: すべての味方の攻撃力の合計が25以上である時。
公式コメント
プレイヤーの皆さんが「オレリオン・ソル」を使った様々なデッキや戦略を試していることをとても嬉しく思います。もちろん彼にはフィニッシャーとして活躍してほしいのですが、「霊峰の呼び声」以前は有用だった対抗手段がスペルシールドスペルシールドによって防がれてしまうため、もう少し対策する猶予を持たせるべきだと考えました。

カード 修正内容
光輝の守護者 ステータス 5/5  4/5
公式コメント
効果が発動した「光輝の守護者」はゲームを終わらせるフィニッシャーとなりうる上に、マッチアップによっては逆転不可能なほどの影響力があります。そのため、効果を発動させないようにプレイすること以外にも、このカードに対抗できる余裕を与えたいと考えました。耐久力は維持しつつ攻撃力(ひいてはライフスティールライフスティールの効果量)を下げることで、対抗するフォロワーやチャンピオン(ダリウスヘカリムなど)が有利なアタックを行いやすくなるはずです。

カード 修正内容
鼓舞する老師 ステータス 1/2  2/1
公式コメント
以前に行った調整以降、攻撃的なアイオニアのデッキでは「鼓舞する老師」はあまり活躍できていませんでした。下記の「ピックス!」の変更とあわせて、今回の調整によってアイオニアのアグロデッキの序盤の展開が強化されるはずです。

カード 修正内容
ピックス! ステータス 0/1  0/2
公式コメント
ピックス!」にはもう少し耐久力を持たせ、サポートサポートデッキで活躍する機会を増やしたいと思います。

カード 修正内容
ジャック・ザ・ウィナー ステータス 5/6  5/5
公式コメント

ジャック・ザ・ウィナー」はその体力の高さゆえにゲームのペースを落としつつ、生成する「海の藻屑」によって確実に有利を築くことができるうえ、除去することも難しいユニットでした。現状では強すぎるので、体力を減少させることで弱体化を図ります。

カード 修正内容
ドレッドウェイの上級船員 ステータス 3/2  3/1
公式コメント
数か月前に適用した変更を元に戻します。現在の「ドレッドウェイの上級船員」は、その汎用性の高さを鑑みると基本ステータスが高すぎる状態にあります。ビルジウォーターのコントロールデッキでもアグロデッキでも強力すぎるため、全体的な柔軟性は維持しつつ基本ステータスを絞ることにしました。

カード 修正内容
バスティオン 効果 このラウンド中、味方1体にスペルシールドスペルシールドを付与する。 味方1体に+1/+1スペルシールドスペルシールドを付与する。(「このラウンド中」を削除)
公式コメント
バスティオン」を大幅に強化することでこのカードをターゴンの主力にすると同時に、ターゴンのバフデッキを強化するのが狙いです。また、新しい効果はタリックとの相性もよく、積極的にスペルを使用する他のデッキとも噛み合います。

カード 修正内容
星々の瞬き 効果 「天空」カード保持している場合、あらゆる場所にいる味方に+2/+2を付与する。スペルマナを全回復する。 「天空」カード保持している場合、あらゆる場所にいる味方に+2/+2を付与する。(「スペルマナを全回復する。」を 削除)
公式コメント
星々の瞬き」のマナ還元は、招来に関連するカードのコストを賄えることが多く、レイトデッキ同士のマッチアップでは一方的に優位に立ててしまう場合がありました。

カード 修正内容
尊老ルムール 効果 プレイ: 味方1体に+0/+4を付与する。 プレイ: 味方2体に+0/+4を付与する。
公式コメント
他の高コストフォロワーと比べて「尊老ルムール」は見劣りする存在となっていたので、プレイ効果を2倍にすることにしました。

カード 修正内容
静寂 効果 このラウンド中、ユニット1体を沈黙させる。手札にフリーティングフリーティングを持つ静寂を1枚生成する。 このラウンド中、ユニット1体を沈黙させる。手札にフリーティングフリーティングを持ち、コストが1増加した静寂を1枚生成する。
公式コメント

静寂」は、ライブデザインチームが多くの時間をかけて効果を評価・検討してきたカードです。チャンピオンさえ沈黙させてしまうカードを加えることで、これまで対抗不可能だった戦略やコンボにもカウンタープレイを可能にし、駆け引きの幅を広げることが狙いでした。しかし同時に、繰り返し発動可能であるがゆえに「静寂」自身があらゆる対抗手段を封じてしまうという、真逆の結果を招くことにもなりました。

 

というわけで今回のパッチ1.11で繰り返し発動する際のハードルを上げることにしたのですが、変更を決定した後も皆さんのフィードバックを拝見したり議論を続けていった結果、「静寂」の真の価値は“チャンピオンも沈黙させることが可能”という点にあり、それこそがターゴンという地域に与えたかった強さのひとつである、という結論に至りました。一方で、ターゴンには「大勢のユニットに弱い」という弱点を持たせたいと考えており、「静寂」の“繰り返し詠唱可能で複数体のユニットを沈黙可能”である効果は、この狙いと矛盾します。

 

以上を踏まえて、次のパッチ1.12で更なる変更を加えることに決めました。次回の変更では、繰り返しの効果自体を丸ごと削除してコストを下げることになります。こうすることでこのカードの本来の役割がより明確になり、相手にする際のフラストレーションも減らせるでしょう。今回得られた教訓は今後登場するターゴンのカードデザインにも活かしていければと思います。

カード 修正内容
マウンテンゴート ステータス 3/1  3/2
公式コメント
全体的な使いやすさの向上を目指した強化です。これによって「マウンテンゴート」はより安定的にジェムを生み出せるはずです。バフスペルを多く積んだデッキでは強化の対象にもなるでしょう。
不具合の修正

パッチ1.10(大規模調整パッチ)

公開日:2020/9/16 02:00
公式ページ:https://playruneterra.com/ja-jp/news/patch-1-10-notes/

簡易まとめ
カード 修正内容
エズリアル レベルアップ条件 あなたが敵を8回以上対象に選んだ時。 あなたが敵を10回以上対象に選んだ時。
リー・シン コスト 6  4

ステータス 3/6  3/4

レベルアップ条件 あなたがスペルを7枚以上詠唱した時。 あなたがスペルを8枚以上詠唱した時。

変更点 チャンピオンスペルを龍の怒りから響掌変更

戦場の料理人 ステータス 2/3  1/3
輝く才気 コスト 4  3
生い茂るムチカズラ ステータス 4/3  5/3
海賊の射撃手 ステータス 1/1  1/2
ジャギドの親方 コスト 3  2

ステータス 4/3  3/2

ペテン師ヨードル 効果 召喚時、手札に鉛の忠告を1体生成する。忠義: カードを1枚強奪する。  忠義: カードを1枚強奪し、手札に鉛の忠告を1枚生成する
月夜の追跡者 シグナス ステータス 4/2  5/3
公式コメント

今回のパッチ1.10は「霊峰の呼び声」のリリースから通常の2週間後ではなく3週間後の実装となったので、LoRのリリースや「迫りくる波濤」リリースの時と比較して多くのバランス調整を行う余裕がありました。ただし、すべての新カードのデータを集めるほどの余裕はなかったので、2週間後のパッチ1.11でフォローアップのバランス調整を行います。パッチ1.11ではさらなる観察とテストを行ったうえで、ターゴンに焦点を当てた調整が中心となる予定です。

パッチ1.11で予定されている調整内容は以下のとおりです。

詳細一覧

カード 修正内容
エズリアル レベルアップ条件 あなたが敵を8回以上対象に選んだ時。 あなたが敵を10回以上対象に選んだ時。
公式コメント
エズリアルはユニークなコンボ/コントロールフィニッシャーとしてビルドの核となって活躍するチャンピオンであり、これは私たちが残したいと思っている特徴でもありますが、一方で以前お話しした、“相手にしていて楽しいか?”という問題が付きまといます。そこで今回、レベルアップ後の強さはそのままに、条件の難易度を上げることにしました。今後はより多くの敵ユニットを対象に選ぶ必要が出てくるため、レベルアップ条件を進めることを優先させるか、相手のネクサスへのダメージを優先させるかの選択がよりシビアに求められるようになるはずです。
カード 修正内容
リー・シン コスト 6  4

ステータス(レベル1) 3/6  3/4

ステータス(レベル2) 4/7 4/5

レベルアップ条件 あなたがスペルを7枚以上詠唱した時。 あなたがスペルを8枚以上詠唱した時。

変更点 チャンピオンスペルを龍の怒りから響掌変更

公式コメント

リー・シンは登場以降、「迫り来る波濤」のチャンピオンの中で最も使用率が低くなっています。コストを大幅に下げることで試合の序盤に十分な影響力を行使できるようにして、スペルを繰り返し詠唱するアーキタイプと一緒に使いやすくします。

あわせて、リー・シンのチャンピオンスペルを「響掌」に変更します。少し異例の変更ですが、リー・シンの「龍の怒り」は高コストでスピードが遅く、リー・シンが採用されるようなデッキにはうまくフィットしていなかったため、滅多に使われていませんでした。「響掌」に変更することよって序盤から活躍できるようになり、フォロワーとのシナジーも高まるでしょう。

カード 修正内容
戦場の料理人 ステータス 2/3  1/3
公式コメント
戦場の料理人」はミッドレンジのデマーシアデッキでは定番となっており、序盤に大きな優位を得られるポテンシャルのおかげでどんな状況でも役に立ちます。もっと多様性を見てみたいので、この変更でブロックによるカウンタープレイの可能性を高め、簡単にはスノーボールで勝てないようにします。

カード 修正内容
輝く才気 コスト 4  3
公式コメント
もはやパッチノートの常連となった「輝く才気」ですが、ハイマーディンガーへのアップデートにあわせて前回の変更を元に戻します。これはハイマーディンガーへの変更により「輝く才気」の満足度と使い勝手が全体的に大幅に低下したからです。ハイマーディンガーと「輝く才気」は元来ベストマッチとなるべき存在なので、そのような核となる相互作用の魅力を復活させつつ、その他の幅広いデッキでも「輝く才気」の魅力を高めたい思います。

カード 修正内容
生い茂るムチカズラ ステータス 4/3  5/3
公式コメント

生い茂るムチカズラ」に変更を加えて欲しいという声は、他のエピックカードと比べても多く寄せられています。「使い方次第では価値のあるユニットをプレイできなくなる」というリスクはありますが、それでもこのカードの効果内容を踏まえると調整は慎重に行いたいので、今回はシンプルに攻撃力を強化することでリスクに対する見返りと使いやすさを高めることにします。

カード 修正内容
海賊の射撃手 ステータス 1/1  1/2
公式コメント
ビルジウォーターの低コストでアグレッシブな追撃ベースのユニットは「ジャギドの解体屋」以外あまり使われていません。この調整によってビルジウォーター主体のアグロデッキでの有用性が高まるでしょう。

カード 修正内容
ジャギドの親方 コスト 3  2

ステータス 4/3  3/2

公式コメント
コアデッキにおいては力を最大限発揮しやすくしつつ、他の幅広いビルジウォーターデッキでも使いやすくなるように調整を行います。

カード 修正内容
ペテン師ヨードル 効果 召喚時、手札に鉛の忠告を1体生成する。忠義: カードを1枚強奪する。  忠義: カードを1枚強奪し、手札に鉛の忠告を1枚生成する
公式コメント
忠義カードはデッキ構築で発生する制約を考慮した上で、その分強力になるように調整されています。しかし「ペテン師ヨードル」はその制約を受けないデッキでも容易に活用可能だったので、両方の効果を「忠義」に含めることにしました。

カード 修正内容
月夜の追跡者 シグナス ステータス 4/2  5/3
公式コメント

「シグナス」は基本ステータスが低く、ナイトフォールデッキのマナカーブの頂点に据えるカードとしては単純に力不足でした。

不具合の修正

パッチ1.8 マイクロアップデート(緊急ナーフ)

公開日:2020/9/9 02:00
公式ページ:https://playruneterra.com/ja-jp/news/patch-1-8-micro-update-new-lab/

簡易まとめ
カード 修正内容
そよ風の賢者 効果 プレイ: 手札にあるカードとまったく同じコピーを1枚生成する。 プレイ: 手札にある「そよ風の賢者以外のカードとまったく同じコピーを1枚生成する。
その他
不具合の修正
  • ラックスがレベルアップしたターンに「沈黙」させられると無敵になってしまう不具合を修正しました。
  • ルルがサポートしたユニットの体力が、サポートサポート効果が切れた後も残ってしまう不具合を修正しました。
  • レベルアップ後のカリスタに「静寂」を詠唱すると、カリスタの能力が恒久的に発動しなくなる不具合を修正しました。
  • スペルシールドスペルシールドが「ジャッジメント」および「憑依」を正しく防げていなかった不具合を修正しました。
  • イタズラ!」によって変身させられたユニットが正しく元の姿に戻らない不具合を修正しました。

パッチ1.8 「霊峰の呼び声」追加

公開日:2020/8/26 02:00
公式ページ:https://playruneterra.com/ja-jp/news/patch-1-8-notes-call-of-the-mountain/

簡易まとめ

新エキスパンション – 「霊峰の呼び声」の新カード79枚追加
新地域 ターゴンターゴン
新キーワード「スペルシールドスペルシールド」「フューリーフューリー」「デイブレイク」「ナイトフォール」「保持」「招来

カード 修正内容
極北の激憤 効果 このラウンド中、味方1体に+4/+4を付与する。 このラウンド中、味方1体に+3/+4を付与する。
トリファリアンの査定者 コスト 4  5
汚水浚い 効果 このユニットをプレイするにはカードを1枚破棄し、その後カードを1枚引く。  プレイ: カードを1枚破棄してカードを1枚引く。
ゾウンの悪童 効果 このユニットをプレイするにはカードを1枚破棄し、その後カードを1枚引く。  プレイ: カードを1枚破棄してカードを1枚引く。
公式コメント

今後は2か月ごとのエキスパンションとともに新しいカードがリリースされるようになるので、バランス調整の方法もそれに合わせたものに変更する予定です。ゲームを健全なバランスに保つために毎月バランス調整を行っていくことに変わりはありませんが、エキスパンションがリリースされるタイミングでは新カードの方をパッチの中心に据えたいと考えています。そのため、今後は各エキスパンションの間に入るパッチで大きめのバランス調整を行い、エキスパンションがリリースされるパッチのバランス調整は比較的小規模なものに抑えようと思います。

 

というわけで、今回のバランス調整は小規模なものになります。「新カードがリリースされた時のバランス調整はこれくらいの規模である」というイメージを掴んでいただければと思います。次回のパッチは通常の2週間後ではなく3週間後になるので(詳細はページ下部の「その他」の欄をご覧ください)次回と次々回のパッチについては、バランス調整のボリュームを二分割してお届けします。こうしておけば、期間が空いてもより柔軟な調整が可能となり、フォローアップもやりやすくなるはずです。

 

さて、今回のパッチでも以前と同様、今後の調整内容の一部を先んじて公開してみたいと思います。パッチ1.10と1.11で予定している調整は以下のようなものになります(調整内容は変更される可能性があります)。

  • リー・シンのメジャーアップデート(シナジー要素を強化し、もっと早い段階で試合に影響を与えられるようにする予定です)
  • エズリアルのレベルアップ条件の難易度に関する調整
  • ペテン師ヨードルの「忠義」の効果への小規模な調整

今後のバランス調整については以上です。先のことばかりお話ししてしまいましたが、まずは「霊峰の呼び声」を思いっきり楽しんでいただけるよう願っています!

詳細一覧

カード 修正内容
極北の激憤 効果 このラウンド中、味方1体に+4/+4を付与する。 このラウンド中、味方1体に+3/+4を付与する。
公式コメント
極北の激憤」はその使い勝手のよさと効果の高さによって、バフスペルとしては異例なほど多数のアーキタイプに採用されていました。フレヨルドフレヨルドの特徴である守りの固さに寄せたスペルにすることで、“あらゆる”デッキでフィニッシャーになることはなくなるはずです。また、デッキ全体のステータスという観点から見れば、セジュアニに対する弱体化にも(わずかながら)つながるでしょう。

カード 修正内容
トリファリアンの査定者 コスト 4  5
公式コメント
トリファリアンの査定者」の効果を最大限活かせるようにデッキを組むと、大量のカードドローを提供しつつ確実に盤面を展開することができてしまいます。デッキバフ効果と組み合わせる戦術自体はなかなか面白いと思うので、ステータスはそのままにしてコストを高くすることでマナ効率を下げることにしました。
カード 修正内容
汚水浚い 効果 このユニットをプレイするにはカードを1枚破棄し、その後カードを1枚引く。  プレイ: カードを1枚破棄してカードを1枚引く。
ゾウンの悪童 効果 このユニットをプレイするにはカードを1枚破棄し、その後カードを1枚引く。  プレイ: カードを1枚破棄してカードを1枚引く。
公式コメント
こちらは前回の変更へのフォローアップです。他のカードが手札になくてもプレイできるよう、使い勝手を少しだけ向上させます。
その他
  • タリックのプレビュー情報を公開後、コミュニティーの間で「タリックのスペルをコピーする効果とトリックスターと組み合わせることで無限にアタックが可能になる」ことについて議論が起こっていました。このコンボ(他の似たようなパターンを含め)を防ぐため、タリックのテキストと仕様がアップデートされています。

パッチ1.7

公開日:2020/8/5 02:00
公式ページ:https://playruneterra.com/ja-jp/news/patch-1-7-notes/

簡易まとめ
  • カード調整なし
不具合の修正
  • 裏通りのバーテンダー」が時々自分のコピーを生成してしまう不具合を修正しました(通常、ランダムにカードを生成する場合は、自身のコピーを除く仕様になっています)。

未来のパッチ

カード調整パッチまとめ(2.9.0~最新)
ここではルーンテラのパッチ2.9.0からパッチ2.15.0までをまとめています。 載せている内容は「カードの追加」「カードの調整」「対戦に影響が出る不具合の修正」の3種類に限定しています。そのため、イベントやグラフィックに関する情報は除外しています。
カード調整パッチまとめ(2.0.0~2.8.0)
ここではルーンテラのパッチ2.0.0からパッチ2.8.0までをまとめています。 載せている内容は「カードの追加」「カードの調整に関するもの」「対戦に影響が出る不具合の修正」の3種類に限定しています。そのため、イベントやグラフィックに関する情報は除外しています。

過去のパッチ

カード調整パッチまとめ(1.0~1.6)
ここではルーンテラのパッチ1.0からパッチ1.6までをまとめています。 載せている内容は「カードの追加」「カードの調整に関するもの」「対戦に影響が出る不具合の修正」の3種類に限定しています。そのため、イベントやグラフィックに関する情報は除外しています。
カード調整パッチまとめ(0.8.3~0.9.4)
ここではルーンテラのパッチ0.8.3からパッチ0.9.4までをまとめています。 載せている内容は「カードの追加」「カードの調整」「対戦に影響が出る不具合の修正」の3種類に限定しています。そのため、イベントやグラフィックに関する情報は除外しています。
カード調整パッチまとめ(プレビュー~オープンベータ)
ここではルーンテラのエクスペディションプレビューパッチ(最初のカード調整パッチ)からオープンベータパッチまでをまとめています。 載せている内容は「カードの追加」「カードの調整に関するもの」「対戦に影響が出る不具合の修正」の3種類に限定しています。そのため、イベントやグラフィックに関する情報は除外しています。
タイトルとURLをコピーしました