スポンサーリンク

偏好の研究者

個別カード
召喚時-召喚したときに発動する。プレイ・効果による召喚・蘇生のどれでも発動する。

評価 5/10点

  • 1/3のステータスは3/2に不利なので微妙。
  • 「ドラゴン」は高コストユニットが多く、当たり外れも多いので、有効利用可能な「ドラゴン」を生成できる確率はそこまで高くない。
    デッキの「ドラゴン」を2種類にすれば、龍の卵でそれらの「ドラゴン」を確実に引けるので、わざわざこのカードを使う必要は無いかもしれない。

効果の詳細

  • 効果:《このユニットの召喚時、ランダムな「ドラゴン」のフォロワーを手札に1枚生成する。》
    補足:生成される「ドラゴン」はデッキに入れられるすべての地域のフォロワーからランダムに選ばれる。
    霊龍彼方の龍はデッキに入れられないカードのため生成されない。
    生成する「ドラゴン」は下記の関連カードに記載。

関連カード

アートワークとフレイバーテキスト

偏好の研究者
イラスト:SIXMOREVODKA
《ドラゴンの卵(スクリーチドラゴン: Draco Murmurationis) 回収場所: 研究者アンデン・メインが遠征調査先にて回収。 メモ: 産卵時期不明。孵卵継続中。最近になって殻の内部の動きを確認。卵は熱、光、ハンマーに反応。結論を出すにはまだデータ不足。- アンデン・メインの研究ノート》

無圧縮のフルサイズ画像

※容量が大きいので注意!
偏好の研究者のカード画像
偏好の研究者のアートワーク画像

タイトルとURLをコピーしました